任意整理とは メリットとデメリット

スポンサードリンク


任意整理とは弁護士を入れて話し合いで解決する方法

任意整理とは、返済が可能になるように、返済額や返済方法などを弁護士を通して債権者と交渉してもらう方法です。

裁判所を通さずに債務者と債権者が話し合って解決する方法なのです。
弁護士を通さずに自分でやることもできなくはないですが、相手にされないこともあり難しい面もありますから、弁護士など専門家に依頼するのが妥当です。

利息制限法を超える利息を払っている人は、利息制限法による引き直し計算をすると返済額が減額される場合もあります。そして、残った元本を分割払いにするとか、一括払いにするとか両者が納得する形で話し合っていきます。

任意整理は今後きちんと支払っていく意思のある人に向いている

任意整理は借金を整理してもらい、返済可能な状態にしてもらうという借金の整理方法です。

ですから、今は借金がきちんと返せていないけれども、整理してもらえれば、「今後、きちんと返済をしていく」という決意を持った人に向いています。

任意整理は、原則として、3年程度で返せる返済計画を立てる必要があります。
ケースにもよりますが、借金額200万円程度であれば、任意整理に向いているといえそうです。

また、任意整理をするのは、今後も返済計画通りに返済していくということですから、一定の収入がある人に向いています。収入がなく、返済が出来ない場合は任意整理には向いていないでしょう。

任意整理は、債権者との個別の話し合いですので、何社かある借金のうちの一つを残して整理を行うなど融通が利きますので、保証人に迷惑をかけることなく行うことも可能です。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリットは、引き直し計算による借金額の減額や分割払い、将来の利息のカットなど交渉内容によって、月々の返済が軽くなるということにあります。

双方が和解した返済計画に従って返済を続ければ3年ほどで借金を完済できるのです。

長期間返済している場合は、借金がなくなるケースや過払いだったというケースもあります。この場合は金融会社に返還を請求できるのです。


スポンサードリンク


また、任意整理は、整理する借金を自分で選べるので、保証人がついているものを除いて他の借金だけを整理するなどのことが可能なのです。
自己破産などの場合は、全ての借金を整理しなければならないのでこの点が違います。


それ以外にも、

・裁判所を通さず、直接交渉なので、家族や周りの人に知られにくい
・官報に載らない
・不動産などの財産を処分しなくてよい

などのメリットがあります。


任意整理のデメリットは、信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として記録されるということです。

ブラック情報が記載されると、5〜7年は金融機関から借金やローンを組んだり、クレジットカードを作ることができなくなります。
これらのことは不便でしょうが、自分の収入の中でやっていくという習慣をつけるいい機会と捉え、完済を目指しましょう。借金整理をきっかけに新しい生活をスタートさせてください。
事故情報は5〜7年で削除されます。

また、任意整理は債権者、債務者間の交渉ですから、返済計画に双方が合意しないと任意整理は成り立ちません。あまり無理な返済計画は相手方が納得しない可能性もあります。