任意整理の手続きと費用

スポンサードリンク


任意整理の手続きは

1.まず、弁護士に任意整理を依頼します。

弁護士に依頼するとはいっても、通常は、弁護士の知り合いがいない方の方が多いですね。
そのような場合は、まず各地の弁護士会や公共団体の相談窓口などに法律相談に行ってみましょう。
弁護士会などでは、相談を受け付けていますので、そこで弁護士を紹介してもらうこともできます。
そして、弁護士に相談の上、任意整理の正式な依頼をすることになります。

任意整理を依頼された弁護士は、債権者に受任通知を出します。この時点で債権者からの取立ては止むはずです。

(なお、弁護士だけではなく、認定司法書士に依頼することもできます。)


2.借金についての調査を行う

任意整理をする場合、「調査」はとても重要です。

依頼者は、弁護士に金融業者との契約書や、領収書の明細、督促状など借り入れと返済の状況が分かる書類を提出します。また、返済に充てられる収入も確認しておきます。
また、弁護士は貸金業者に取引記録の提出も求めます。


3.借金返済の整理プランを作成

調査によって、債務を把握できたら、弁護士は利息制限法による引き直し計算をします。
払いすぎている利息は元本に充当し、本当の借金額を確定します。

そして、その上で、確定した借金額を3年以内に分割で支払うなどの和解案を出すなど借金返済方法のプランを作ります。


4.債権者と交渉する

作成した返済プランを元に、弁護士と債権者とで妥協点を探っていきます。債務者本人は交渉の場にいく必要はありません。貸金業者の承諾が得られれば和解が成立します。

スポンサードリンク


5.和解が成立したら、返済開始

任意整理が成立した後は、和解案に従って、返済が始まります。

せっかく時間とお金をかけて任意整理が成立しても、その通りに借金返済が出来なければ意味がありません。返済プランを頭に入れて、きちんと返済を続けてください。

任意整理後の借金の返済は、弁護士に委託することもできます。毎月、弁護士事務所に振込みをして、弁護士が債務者に返済をしてくれる方法です。借りた先が何社もあって、手続きが煩雑になる場合は有効でしょう。ただし、この方法は、弁護士事務所に手数料を払う必要があります。

任意整理にかかる期間は

任意整理は、裁判所を通さず、本人の代理人である弁護士と債権者が直接交渉するわけですから、比較的早期解決できます。

期間は、1ヶ月〜2ヶ月ほど。
ただし、調査段階で時間がかかったり、和解がなかなか成立しなかった場合は、半年くらいかかるケースもあるようです。

任意整理の費用

任意整理の場合の弁護士報酬は、着手金が、1債権者につき2万円。交渉がまとまった後の報酬金が2万円です。
また、返済額を減額させた額の10%、または過払いの場合の返還させた額の20%も報酬として支払います。
事務所によって違う場合もありますので、依頼した弁護士に見積もりを出してもらい、予め確認しておきましょう。