借金整理4つの方法 それぞれの特徴

スポンサードリンク


借金整理には以下の4つの方法があります。

@ 任意整理

A 特定調停

B 個人民事再生

C 自己破産


ここでは、簡単に、それぞれの特徴を説明します。

@任意整理の特徴


任意整理というのは、弁護士に債権者(金融会社)と交渉してもらい、借金の額や返済期間について話し合ってもらう方法です。
利息を減らすことで借金の額を減らしてもらったり、分割払いの返済方法を変更してもらったりします。
利息制限法内で計算し直され、借金の減額につながる場合もあります。

裁判所や法的な手続きをせず、弁護士を通して直接交渉するところが特徴です。
裁判所が関わらないので、話し合い次第では早めに解決できるところがメリットです。

この方法では、弁護士に依頼する必要がありますので、弁護士費用がかかります。

@特定調停の特徴

任意整理は、裁判所を通さない話し合いでしたが、この特定調停は裁判所を通した話し合いです。

裁判所を通すとはいっても、手続きは柔軟で比較的早期解決できます。
調停委員が金融会社に対して代理で交渉してくれるということもあり、抵抗の少ない手段でもあります。

効果としては、任意整理と同じで、利息を減らすことで借金の総額を減額したり、分割払いの返済方法を変更してもらったりします。利息制限法内で計算し直され、借金が、減額されます。長期間支払が続いている場合は、特に大幅に減額される可能性もあります。

裁判所を通しているとはいっても、基本的には話し合いですから、債権者に同意してもらう必要があります。

スポンサードリンク


B個人民事再生の特徴

個人再生は、会社員や個人事業主など一定の収入がある人が利用できる制度で、借金の額を減額してもらい、その後「再生計画」に従って、分割で返済を続けていく制度です。
個人再生の大きな利点は自宅を手放さずに住宅ローン以外の債務の整理ができる点です。
住宅ローンの返済計画を変更してローンの支払をしていければ、自宅は手放さずに済みます。
どうしても自宅を手放したくないという方向けの制度です。
利用するには、安定した収入のあること、住宅ローンを除いた借金総額が5000万円であることなどの条件があります。手続きは、裁判所に申し立てをして行います。


C自己破産の特徴

自己破産は、借金整理の中では最後の手段といえます。

自己破産とは、裁判所に申し立てを行い、財産処分しても返せない借金を免責してもらうというものです。
裁判所に借金を帳消しにしてもらうのです。
借金を帳消しにしてもらうのですから、その代わりに自分の財産は全て処分して返済に充てなければなりません。その上で残った借金を免除してもらいます。
収入がない、収入に対して債務額があまりに大きいなど「支払不能」な状態にある人は自己破産を申請できます。
ただ、ギャンブルや浪費でできた借金の場合は免責が認められないことがあります。