借金の一本化、おまとめローンは慎重に!

スポンサードリンク


借金の返済がきつくなってきた時、まず考えることは、「借金を一本化して金利の低いところに借り換えをしたい」ということのようです。

確かに、一本化して今より低金利で借りて、一括返済し、借金をまとめることができれば、金利は安くなり、月々の支払はすこし楽になるケースもあるかもしれません。

ただ、借金返済の目的は「月々の支払を軽くすること」ではなく、「借金を返し終えること」です。

必ず完済するという意思を持たず、安易に借り換えや一本化すると余計借金が膨らんでしまうケースもあるのです。

必ず、借金を返済するという気持ちを持って、上手に借り換えをすればメリットもありますが、借り換えには様々な落とし穴もありますので、注意が必要です。

借り換えでメリットがあるのは、すべての借金を低い金利の銀行等に借り換えができる場合です。

メリットとしては、やはり、金利が安くなることですが、銀行から借り入れをする場合は審査を通過しなければなりません。

銀行の審査を通過するためには、給与所得者であること、年収など様々な条件がありますので全ての方が利用できるわけではありません。

住宅ローンの支払がきついという方は金利の低い銀行へ借り換えをおすすめします。
また、住宅ローンを借り入れている銀行に相談に行けば、返済条件の変更など相談に乗ってくれることがありますので、利用しましょう。

借り換え・一本化で気をつけておきたいこと


借り換え・一本化をしようと考えている人が気をつけなければいけないことは、気のゆるみと悪徳業者です。

一本化や借り換えは、安易にするとかえって借金が膨らむ結果になることも少なくないのです。

一本化したあとに、また支払が滞って、別のところから借り入れをするケース、せっかく借り換えをして、月々の返済額が減っても気のゆるみから、さらにまた借金をして、多重債務に陥ってしまうケースがあります。

そもそも、借金を返すのが難しくなっているのに、ほかで借りて返すという発想自体がキケンだということは覚えておいてください。

今は良くても、自転車操業状態になりかねません。

また、気をつけて欲しいのは、整理屋、紹介屋などと呼ばれる悪徳業者です。

彼らは、「借金の一本化をお手伝い」などと広告を出し、借金整理をしてあげると近づいてきます。そして、高額な手数料をとり、結果的に借金はますます膨らんでしまいます。

返済が苦しくなってくると、このような業者の広告が目に留まることもあるでしょうが、ひっかからないように十分注意してください。


一本化や借り換えは簡単には考えず、おまとめでと考える前に、もう一度自分の収入の中で早く返済していけないか考えましょう。返済が難しいのであれば、借金整理を考えていく必要があります。

スポンサードリンク


生活が苦しいなら借金整理を考えよう

今の収入から借金を支払っていくことが難しくなってきているというならば、一本化を考えるより、早めに借金整理を考えたほうが良いケースがあります。

返済が難しくなっていく恐れがあるならば、一度専門家に相談するべきです。

すでに借金を借金で支払うような状態になっていればもちろん今すぐに借金整理を考える必要があります。

何とか返済したいと何年も自分で頑張りすぎた結果、借金が膨らんでしまうケースもあるので、早めに専門家に相談することをおすすめします。

借金を整理することに抵抗がある人もいるでしょうが、そのままにしておけば、しておくほど、解決は難しく、解決のための選択肢も減っていってしまうのです。

借金整理と一口にいっても裁判所を通さない交渉など様々な方法があります。

早めに解決へ動き出すことで、あなたの月々の支払が減ったり、借金がまったくなくなるかもしれない可能性もあるのです。

自分の手に負えないなと感じたときは早めに専門家に相談して、新しい道を切り開きましょう。