借金返済の方法

スポンサードリンク


借金の残高と、月の収支を計算したら、今度は借金を減らしていく方法を考えなければなりません。

借金を返済するのに有効な方法はいくつかあります。

@生活費の中から返済額を多くして、元本を減らしていく

A財産を処分して一括返済する

B親などから借りる

C1〜3でも返済が難しい場合は、借金整理を考える


@生活費の中から返済額を多くして、元本を減らしていく


借金は通常月々一定額支払っている状態でしょうが、この方法では、利息の支払が多く、なかなか元本が減っていきません。

元本が減らないということは利息も減っていくことはありませんから、なかなか借金は終わりません。

利息をたくさん支払いながら、長期間支払っていくことになってしまいます。


借金がまだそんなに多くなく、生活の範囲で支払っていける場合、借金額を減らしていく1番良い返済方法は、「元本を減らしていく」ということです。

月々の生活費の中から無駄なものは省いて、すこしでも多くの額を返済に回しましょう。

無理のない程度に収入を増やすことを考えるのも一つの方法です。

家族に内緒にしている人は、思い切って家族に相談し、解決に向けて協力してもらうことをおすすめします。そうすることでサポートが得られ、借金問題解決に向けてさらに前進することができるからです。


収支から、月々どのくらいの額を返済にまわせるか算出して、「何年で返そう」という自分の返済計画を立ててみてください。

A財産を処分して一括返済する


車などの財産がある場合は、売却して借金の支払に充てられないか考えてみましょう。

借金は、放っておくと、膨らんでしまいますし、長期になればなるほど、利息も多く支払わなければなりません。

財産を売却して元本の一部返済や一括返済に充てられれば借金額が減り、利息も少なくなるはずです。

スポンサードリンク


B親などから借りる

それぞれの家庭の事情もあるでしょうが、頼れる親がいるような場合は一時的に親からまとまった額を借りて、返済に回すというのもひとつの方法です。

消費者金融からの借金は利息が高く、一定額を返済していっても元本はなかなか減っていきません。親などから借り入れで一括返済ができれば、高い利息を支払う必要がなくなります。

その場合は、もちろん親への借金はその後きちんと返済してください。また、親や親族に迷惑をかけることになるのですから、借金はもうしないという固い決意を持ちましょう。

1〜3でも返済が難しい場合は、借金整理を考える

@からBのこと全てをやってみて、それでも借金返済が難しい、今はなんとかやっていけるが、利息が高すぎて今後支払いに困ることになるだろう。といった場合は、一人でがんばりすぎずに専門家の助けを借りることが必要です。

返済を真面目に頑張りすぎた結果、借金が膨らんでしまうというケースもあるのです。


借金の整理にはいろいろな方法があります。それについては、後で解説します。