借金診断―あなたの借金程度は?

スポンサードリンク


始めは少額だったはずの借金。支払いが増えてきてきつくなっていませんか?

下記の借金診断チェックリストで診断してみてください。


◆自分の収入の中で借金を払っていくのがきつくなってきた

□yes □no


◆支払が遅れがちである

□yes □no


◆借金総額が100万円以上ある

□yes □no


◆家族に秘密の借金である

□yes □no


◆借り入れが何社からもある

□yes □no

いくつか当てはまりましたか?
yesが0〜1個の場合は、借金度はまだ軽いと推測できます。
それ以上当てはまった場合は、中程度〜多重債務に陥る可能性があります。


借金がある場合、すべきことは、きちんとした返済計画を立てること自分の手に負えなくなってきた場合は早めに専門家の手を借りることです。


返済計画を立てるためには、まず借金額と月の収支を把握する必要があります。


まずは借金の総額を把握しよう


借金の返済方法を考えていく上で大切なことはすべての借金の総額と生活の収支を把握することです。


自分の借金の残高を正確に把握していますか?

借金の額がそんなに多くない、または、借り入れが1社のみという場合は良いのですが、何社にも借り入れがある場合は注意する必要があります。


『自分がどのくらい借りているのか』その総額がわかっていないことが、借金がいつのまにか増えていく原因になっているからです。

借入額を把握できていないということは、どのくらい返済したらいいか完済できるか?などが全くわからなくなっており、借金に対して感覚がマヒしてきている可能性があるからです。

自分が今どのような状態にあるのかがわかっていなければ、前に進んでいくことはできません。

返済計画を立てるにしても、専門家に相談に行くにしても、まず借入額を調べることから始めます。


借り入れ額を調べてみよう

まずは、借り入れ額から調べてみましょう。

あなたがどの会社から借り入れがあり、残高がいくらかを正確に知る必要があります。


まず、自宅に自分が借りている金融会社との契約書や明細書などがありますか?

もし、それらの書類も自宅になければ、金融会社のHPで残高照会をしたり、ATMに行って残高証明を取ってください。

これで借金の残高がいくらか把握します。


また、何社かに借り入れがある場合で、どこの会社から借り入れがあるのか把握できていない場合は、下記に信用情報機関で調べる方法があります。

●全国信用情報センター連合会(消費者金融系)

●CCB(消費者金融系)

●CIC(クレジット・信販系)

●全国銀国個人信用情報センター(銀行系ローン)

ただ、これらの機関で情報を調べるためには本人確認が必要になります。


これらの方法を使って、

・どの会社から借りているのか?

・借り入れた額、返済額と残高

・いつ借りたのか?

・毎月の支払額

などをまとめます。

これで、借金の状況がつかめます。

スポンサードリンク


毎月の収支を把握しよう


あなたの毎月の収支はどうなっていますか?

家計簿などできちんと記録されているでしょうか?

もし、記録していない場合は、毎月の収入と、支出を書き出してみましょう。

書き出してみると見直すべき点も見えてきます。

収支を出し、毎月どのくらい借金の返済に充てられるか、先ほどの借金の残高とあわせて検討してみてください。

毎月返済に充てられる額はいくらぐらいか計算してみます。


自分の借金額と、月々の収支が把握できましたか?

把握できたら、次に返済の方法について考えていきましょう。